menu
  • オリジナル“クーキー”キーホルダープレゼント!

commentary

ずっと一緒だよと約束したあの子と
いつどうやってお別れしたのか、
私は思い出すことが出来ない。
クーキーの眩しい未来を見つめながら、
私のあの子を思って、ちょこっと泣いた。

菊池亜希子(女優)

ふと手に取って開いた絵本。気付けば、夢中になって見てた。
例えばこれは、そんな映画じゃないかなぁ。
忙しい大人にこそ、観てもらえたらと思います。

スネオヘアー(ミュージシャン)

誰の心の中にも、どの様な形にしても”人形”はいます。
”祈り”だったり ”希望”だったり ある時は”呪い”だったり、
それ等プリミティブな存在としての人形達があますところなく活躍して琴線を刺激してきます。
心をリセットしてくれるクーキー達です。

眞賀里文子(人形アニメーター、作家)

チェコの人形劇とアニメーションの伝統を背景に描き出された世界は、まさに人類の歴史と現在の縮図。
無用のものたちの生き様、まさかあんなところで泣かされるとは思わなかった!

佐野史郎(俳優)

ぶっちゃけ「トイ・ストーリー」じゃん!でもちょっと待った。あっちは満点。こっちはヘナチョコ。そこが愛おしくてたまらない。オレたちも完璧じゃないからだね、きっと!

オクダサトシ(コンドルズ/映像作家)

もし、私がオンドラくんのママの立場だったら、どうしただろう?
私も娘の大切なものを、捨ててしまうのかな…。
心の中の声に気づけないで。
いつでも一番の味方でいたいはずなのに。
ぎゅっと、小さな娘を抱きしめたくなった。

すげさわかよ(イラストレーター)

ぼろぼろで弱そう、ただかわいいだけかと見くびっていたよ。
ごめんね、クーキー。
おっきい問題も、ちっちゃい問題も、立ち直って考えるきっかけを作ってくれるそんな映画。

ヨシムラ エリ(アニメーション・スープ所属)

撮影が困難だったと聞きましたが、映画を見ている時、その事は忘れていました。
人形達が森の中で息ずく、それでしか成し得ない世界、ものがたりに触れられた時間でした。

上野啓太(真賀里事務所所属)

時間が経つにつれ、また観たいなぁ~っていう想いがどんどんふくらむ作品です。そこに映る物質や空気の質感を
感覚で触れられ、とても素敵な体験が出来ました。

薮下 壮(スタジオキャベツ所属)

これは、まさに「森の神様たちの怒りのデスロード」!!
合成ではなく実際に森でロケをしたという迫力のカーチェイス、
パペットならではのユーモラスな動きも素晴らしい。
古い特撮映画好きの方からCGを見慣れてしまった若い人たちにも自信を持っておすすめします。
そしてこんな面白い映画を創っているチェコにも興味を持ってもらえたら更に嬉しいです。

山守弘城(cesta

  • こども映画教室
  • CA4LA
  • ソラマチ 世界のビール博物館
  • craft beer tap

  • virth+LIM
  • 生活の木
  • virth+LIM

監督・脚本:ヤン・スヴェラーク(第69回アカデミー賞®外国語映画賞受賞)
キャラクター・デザイン:アマニタ・デザイン(世界的ゲームクリエイター集団)

Director: Jan Svěrák Screenplay: Jan Svěrák Producers: Jan Svěrák, Eric Abraham Co-producers: Česká televize , RWE
Art Director: Jakub Dvorský Cinematographer: Vladimír Smutný, Mark Bliss Composer: Michal Novinski Editor: Alois Fišárek Production Designer: Jan Vlasák Costume Designer: Simona Rybáková Sound: Jakub Čech, Juraj Mravec, Pavel Rejholec
Cast – live action Homeless man - Oldřich Kaiser Ondra - Ondřej Svěrák Mother - Kristina Nováková-Fuitová Father - Filip Čapka Cast - voices Kooky – Ondřej Svěrák Hergot – Zdeněk Svěrák Anuška – Jiří Macháček